習慣化させることの大切さについて知った日



習慣にするのが最強だと思いました。

頑張る気力が無い日

朝起きた時、不思議な感覚に包まれた日がありました。

頭にもやがかかったようで、思考力が低下していました。

この感覚は散歩・筋トレ・ゲーム・読書などをしても解消されることはありませんでした。

この状況は一日中続きました。

後から、これは「頑張る気力が無い日」なんだなとわかりました。

その日に出来たこと、出来なかったこと

出来たこと

  • Youtube視聴
  • 散歩
  • バグハント
  • 読書
  • 情報収集(トピック確認)

出来なかったこと

  • ブログ
  • CTF
  • 情報収集(深堀り)

出来たことは、頭をそこまで使わなかったり、日常的にやっているものでした。

バグハントもWebをやっており、ほぼ仕事の延長なので、そこまで労力を使わないので実施することが出来ていました。

一方、出来なかったことを見てみると、どれも最近やり続けようと思ったものです。

気力が無い日は、流れで出来るものしか出来ないということがわかりました。

習慣化の力について

「何かを本気で取り組む際は、習慣化したほうが良い」というのは本やら動画やらで見かけけていました。

人は頑張り続けることが出来ないから、という理由でした。

私は、それが体調を壊してしまうからだと思っていました。
なので、この時間くらいなら体調を崩さないだろうと思って、毎日1~2時間やることをノルマにしていました。

そのような取り組み方をしていたら、気力が無い日が来ました。
頑張らないと取り組めないものは、メンタルブロックが強すぎて始めることが出来ませんでした。

無理やり力を出して1~2時間頑張るのは出来ないということがわかりました。

出来ていたものは結果的に1~2時間やれるものがほとんどでした。
始めるまでがスムーズだった感じがしました。

習慣化出来ているものと出来ていないもので、毎日続けられるかが明確に違ってくることがわかりました。

習慣の力は強大でした。

これからについて

今まで取り組んでこなかったジャンルは、時間をかけて体に慣らしていこうと思います。

取り組む時間は毎日20~30分程度にしておいて、とりあえず3ヶ月くらい出来てきたら時間を徐々に増やしていこうと思います。

おわりに

習慣についてでした。

前に自己啓発本を読んでいる時期があったからか、「とりあえずやる!やり続ける!」みたいな感覚がありました。

あれは私に合っていなかったです。

根性論は無理ということが判明したので、ロジック的に正しいことを調べてやっていこうと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です