一日の食事回数はどれくらいがいいんだろうか 他 Nick日記シリーズ

一日の食事回数はどれくらいがいいんだろうか

1日2〜3食じゃダメなんだろうか?

最近、元々胃腸が弱いからかYoutubeで健康系の動画が目に付く。

その中で「健康なのは一日1食か?3食か?」というのがあった。

動画の結論としては、「体が軽い食べ方をする」だった。

一日数回でも1回でも、体が軽ければそれがいいらしい。

これは前から気になっていたテーマであり、実践していたテーマでもあった。

私がやっていたのは一日2食だった。

実践してみると、確かに体が軽い。

そして食べる量が減る。体力も増えている感じがする。

これはすごい!と思った夜。なんかどっと疲れる・・・

一日2食にすると、全力全開で一日を過ごしてるっぽい。多分、それ故に体力増えてる感じがある。

個人的な結論としては、まずはベースとなる肉体づくりからだなと思った。

それを踏まえての「個人の体が軽いような回数にする」。

なんとも落ち着いたところに着地するなと思ったが、真面目に回答するとしたらそうなるのだろう。

確かに、本とかだと「2食が良い!!!」と決めつけて書かれていることが多いような気がする。

(私が参考にしている「不老長寿メソッド」などは体調と相談みたいに書いてあったが)

簡単で便利な回答は得られなかったが、確かにそうだよなと納得した。

個人的には腹6〜7分めがちょうど良い(これじゃ足りんぞと思うくらい)ので、それを目安にしようかなといった感じ。

回数も決めつけるのではなく、お腹減った時に食べよう。

なるべく時間は決めて。

個人的な意識としてはまぁいいのだが、Youtubeだと「一日3食は悪!情弱!遅れてる!」と犯罪を犯したように発言されていることが多い。

そこまで言わんでも・・・と思った。

なんかこういう表現するのはいろんなマーケティングの本で書かれてたように思うし、有効的なんだろうなって思う。

でも、自分が見る立場になるとマーケティング表現はなんかうざったい。

科学的に大事なことは勢いづいた表現じゃなくて正確に伝えてほしいなと思った。

「勝ち続ける意思力」を少し実感した話

だいぶ前に梅原さんの「勝ち続ける意思力」を読んだ。

その時はへ〜すごいなぁくらいにしか思っていなかったが、最近になってこういうことかと少し実感することがあった。

それは「目先の目標より自分の好奇心優先」ということだった。

私の最近といえば、いわゆる大きな目標を達成した後の生活になっている。

ゲームで言えば、「大会で優勝!」を掲げていて、どこかの大会で優勝できたというところだろうか。

目標を達成した後は何を目指していけばいいかわからなくなっている。

多分、「燃え尽き症候群」のような感じになっている。

これはいかんと思って色々調べたり試した。

そこで出た仮説が、「フェーズが変わっている」ということ。

今までは「目標を達成する」というフェーズだったが、これからは別のフェーズになる。

具体的になんだかわからないが、多分「知りたいことを知る」フェーズだと思う。

脆弱性を何件報告するという目標はしっくりこないし、週に何時間調べごとをやるというのもなんだかなぁといった感じ。

英会話も、そのほかもできるようになることには対して興味がない。

枯れてしまったのかなぁと思ったけど、気になる技術はやっぱり気になるし、脆弱なポイントがあるかどうかも気になる。

英会話は興味ないけど、Youtube配信で英語を聞き取りたいなとは思う。

「何か」を求めるのではなく、「自分の欲求」を求めるようになった。

これに気づくのにだいぶ時間かかった・・・

なんなら2022年はこれに気づくための年だったかもしれない。

スポンサーリンク
ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です