いきなりゴールは目指せんだろうよ 他 Nick日記シリーズ

いきなりゴールは目指せんだろうよ

だいぶ前から姿勢が悪いということを問題視していて、改善を試みている。

が、進捗が良くなくて最近思い切って色々やっている。

その結果、だいぶ悪い方に出てしまっている。

何が悪いかって、すごく疲れるのだ。

姿勢を維持しようとするとき、結構体幹を使っているようで背中が疲れる。

それで集中しているのか、あまり呼吸ができてないのか胸がなんか疲れる。

最初は「病気か!?」って焦ったけど、今日試しにリクライニングしてダラダラしてたら背中と胸の疲れが無かった。

病気じゃ無かった・・・

今回の学び。

「いきなりゴールは辿り着けない」

ちょっとずつ、姿勢を良くして座っている時間を増やすようにしよう・・・

あと、スタンディングで仕事する時間減らす。

体にいいからって、いきなり数時間立って仕事してたんだよね。そりゃ疲れる。

理想を追い求めるのはいいけど、できてない現実を悪だとして一気に改善しようとするのは良くないんだなー

姿勢改善はうまくいってないけど、部屋内でやるエア縄跳びはうまくいっている。

あまりやめずに続けられている。

何が楽かって2〜3分で終わるところ。

それなのにしっかり息切れはするし、足は痛いしで運動になっている。

マンションなので、あまり適当にやるとドシンドシンするから手も抜けない。

ちょうどいいのだ。

読書革命

今日、本の読み方で革命的なことを思いついてしまった・・・

「読みたい分だけ読む!」

何をいっているかというと、読み始めて2割ぐらい経って飽きてしまったら一度辞めてしまうというもの。

慣れている読書家の方的には当たり前かと思うかもしれないが、私はそれができていなかった。

一気読みをしていたわけじゃないが、一冊の本(小説)を読み切るまで次の本を読んでいなかった。

結構気になる本も多かったが、我慢して読み切っていた。

今思うと、我慢しながら読んでもあまり面白く無かった・・・

結局そういう本は最初から読み直しちゃったし、意味ないことをしていた。

こうすることで本屋さんで見かけた本を気軽に読めるし、溜まってた本も気軽に読める。

これは副産物的なものだが、この方法でやってると記憶に残りやすい。

というのも、「前はどんな話だったけな」と思い出しながら少し戻るので、勝手に記憶術が発動している。

小説でこれはいいのか悪いのかわからんけど、まぁラッキーとしておこう。

余裕を持てない日はすごく微妙

余裕を持てない日はすごく微妙!

こう日記を書いていて実感するのだが、余裕がある日とない日で文章を思いつく量が全く違う。

正直、余裕がない日は文章が全く出てこない。

比較にもならないほどだ。

つくづく余裕は大事だと思わされる。

しかし、意図的に余裕を作るのはかなり難しいと感じる。

私自身、なんで急に余裕を持てたのかわかっていない。

なんかしばらく続けている筆記開示は結構効果が出る。

ひたすら不安に思っていたり、頭に残っているものを書き出すやつ。

結局続けていて効果が出るのは筆記開示なのかもしれない。

座禅とか瞑想は集中するのに使えたけど、その時の悩みやら不安やらに集中してしまってなんか微妙だった。

余裕を持てた状態で座禅すれば、いろんな方向に感覚持てたまま座禅できるので良いかもしれない。

スポンサーリンク
ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です