背景がガンガンわかって良い!! 「ジャックジャンヌ ユニヴェール歌劇学校と月の道しるべ」 感想

ジャックジャンヌを読んだ!

綺麗な学園青春物語+部活みたいな感じで面白かった!!

元は乙女ゲーだけど、彼女の猛烈なススメでプレイした。

なので、話の大筋とか展開とかオチとかは知っていた。

この本の範囲としては新人公演までだった。

あと夏、秋、冬、ユニヴェールがあるから4冊くらい出るのかな?

なんだかんだ発売されてから読み切るまでに時間がかかってしまった…

ゲームのときより描写が細かいなと思った。

小説だから地の文で補完してくれるのはありがたい!

演技から感じ取るのは下手くそなので、文を読んで想像するほうがなんかイメージしやすい。

3年生組は「素性不明のすごい人」って感じ?がした。

逆に白田先輩はガンガンに前面に出てきている気がした。

ゲームしてから半年以上経ったからどうだったか忘れてしまったけど、白田先輩活躍するのはおもろい!

そして、鳳くんが光る光る!

ゲームと同じような悪役立場で動いていて、なんとも良い感じのキャラになっている。

新人公演だから他の一年たちも出てきていて、「一年生たち物語」というのがガッツリ出てきていた。

不眠王は描写が細かくてかなり面白かったな〜

演じられている人物ではなく、実在する人物かのように地の文の補佐も入ってくるため、より描写がわかりやすかった。

ただやはり、ゲームメインでこの小説は補完的な立場かなという感想もあり。

不眠王はボイスありで鑑賞したい・・・!

スポンサーリンク
ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です