phpの脆弱性 CVE-2019-11043(RCE) 再現した

※勉強目的のみ。悪用厳禁。

環境

vulhubを使用
vulhub/php/CVE-2019-11043 at master · vulhub/vulhub · GitHub

脆弱性について

JVN
JVNDB-2019-011337 – JVN iPedia – 脆弱性対策情報データベース

脆弱な環境でpoc実行

検知

脆弱な環境では、改行文字を含む特殊なリクエストを送信すると502エラーになる。

poc実行

pocはvulhubで使用されていたものと同様のものを使用した。

OSコマンド実行

idコマンドを実行した。

感想

ロジックを理解しきれていないが、確認するのは簡単だった。
検知用のリクエストは、pocを使えば簡単に使えるのだが、公開しているサイトがなかったので公開しないことにした。

参考

ほとんどこの記事のとおりに実行しました。
【検証】PHPのコマンド実行の脆弱性を悪用する攻撃通信の検知 (CVE-2019-11043)

CVE-2019-11043:Vulnerability in PHP-FPM Could Lead to Remote Code Execution on nginx – Blog | Tenable®

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です